飾り線上

風の無い木曜の日没にカクテルを

飾り線下
「絶対にこうで間違いない!」と、自分自身の価値観のみで他人を判断するのは悪くはないと思う。
けれど、世間には人それぞれと言われるものが個人の周辺に漂っている。
これらを頭に置いておけば自信を手に入れるのは必要だけど、強く反論するのはどうなんだろう?と考える。
これも一つの意見でしかないんだけれど。
生きにくい世間になるかもしれない。

風の無い祝日の午前はこっそりと
ネットでニュースを見るけど、新聞を見ることもけっこう好きだった。
今は、無料で閲覧できるインターネットニュースが多くあるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて購入しなくなってしまった。
けれど、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが少しの時間でたくさんの量の情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで見やすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目に入るけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、アメリカのデフォルトになるという話題が目につく。
債務不履行状態になるわけないと思っていても、もしなったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。
飾り線上

蒸し暑い大安の夜明けは昔を思い出す

飾り線下
海辺が大変近く、サーフィンの場所としても大変有名な場所の近所に住んでいます。
という理由で、サーフィンをする方はとっても多くいて、仕事の前に朝はやくちょっと行くという人もいる。
そのように、サーフィンをする方々が多数いるので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方もすごくあったのだけれど、いつも断っていた。
なぜかというと、私が、運動神経が悪く、泳げないからだ。
だけれども、泳げなくてもできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行った場所は熟練者が波乗りに行く場所で、テトラポッドが左右に設置されていて、スペースがごく狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

騒がしく体操する家族と夕立
いまどき珍しく、私の部屋は、クーラーも暖房もついていない場所だ。
そのために、扇風機とよく冷えたボトルを片手に過ごす。
一週間前、扇風機をどかそうと思い、回転しているまま抱えてしまった。
すると、扇風機の回転が動かなくなったので「どうしたんだろう」と考え、よく見た。
ビックリしたことに、動きを止めているのは、まさかの自分の指だった。
恐る恐る抜くと、また扇風機は回転しだして、自分の指からは血がにじんできた。
なにも感じる間もなかったが、気を付けようと心に留めた。
飾り線上

目を閉じて走る母さんと霧

飾り線下
ベローチェでもマックカフェでもどこででもコーヒーは飲むことができる。
もちろん、部屋でインスタントでも飲めるし、どこかで

私が気に入っているのがスターバックスコーヒーだ。
どこ店でも禁煙と言うのは、煙草の嫌いな私にとってポイントだ。
そのため、コーヒーの香りをより堪能できる。
金額も決して安くはないが、最高の豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらない。
甘い物が好きなので毎回コーヒーと、つられてデザートなど注文してしまうという落とし穴もある。

凍えそうな火曜の夜明けは窓から
ある休日、私は親友と、東京から一般道を使用し、由比ヶ浜に行ってみた。
それは、宝物の一眼レフで夜景を撮影するためだったが、上手に写せない。
海辺は久しぶりだったから、しだいにヒールを脱いで海に入りはじめた。
それも飽きてしまい、砂で小さな城を作ることをしはじめた。
そこ位までは、実際に近くに置いていた黒の一眼。
じゅうぶん過ごして、帰宅最中、GSで私の一眼が鞄に入っていない事に驚いた。
しょうがないと思いマンションまで戻ったけど、それからしばらく、すごく切なくなった記憶がある。
たくさんのメモリーが記憶されていた宝物のデジタル一眼、今はどこにあるんだろう?
飾り線上

喜んで熱弁する姉妹とオレ

飾り線下
ここ最近は、海辺に釣りに道具を持っていってない。
休日も無く働いてとっても気ぜわしく行けないのもあるけれど、すごく蒸し暑いので、行きにくいのもあることはある。
それに加え、会社終わりに近くの堤防を見ても釣れている雰囲気が全くないから、けっして行きたいとは思えない。
すごくいっぱいあがっていたら出かけたくなる。

前のめりで踊る母さんと読みかけの本
甘いおやつがすごく好きで、バウンドケーキやだんごなどを自分でつくるけれど、娘が育って作るものが制限されてきた。
私たち親がとっても喜んで口にしていたら、娘がいっしょに口にしたがるのは当然なので娘も食べてもいいあまり甘くないケーキをつくる。
私は、チョコ系のケーキがたいそう好きだけれど、娘にはガトーショコラなどはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが健康にもいいので、砂糖とバターを控えめに入れて焼く。
笑顔でうまいと言ってくれたら、めっちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。
飾り線上

どんよりした仏滅の夕方はカクテルを

飾り線下
普通、マンションで個人で出来るような業務をして、たまにお声があると外に仕事に参加する。
たった、稀にだけど、最高にかったるく感じて仕方ない。
いっそ辞めてしまおうとか。
行けば頑張るけれど、大勢の社員に囲まれて、プロジェクトで業務をするのは気疲れする。
と、友達に持ちかけると、気持ちは理解できるよ、と言って、豪快に笑っていた。

よく晴れた火曜の夕暮れに散歩を
ふつう、できるだけシンプルなファッションが好きな私は、大変ビビられるけど。
タイツやポーチやヘアーアクセサリーまで勢ぞろいで、統一して固めたいと思えば破産しそうだ。
なんとしても、ジル・スチュアートは魅力的だ。

小さい飾り線上

カテゴリ

小さい飾り線下

カテゴリ


Copyright (C) 2015 ピエロを幸せに、少年に努力を All Rights Reserved.
レトロ飾り